記事一覧

走りだしてから…

ここんとこ、ひと月くらい諸事情で、一日15時間超の仕事をしている(笑)
ま、仕方がないことなんですけれどね~

なので週一の休日は、極力おとなしくしていた方が良いのでしょうが…
でもね、そんなことをしていたら己が荒んでいくような気がするんです。
日々を後々後悔しないよう、楽しく過ごすことを目指します。

てことで、重い身体に鞭打ちながらも遊びに行ってきました(^_^;)
IMG_5270.jpg
それでもやはり、早起きしての出発は辛いのです(笑)
グダグダモタモタしての、10:00もかなり過ぎたころのスタート!

行き先は未定のまま、パンク修理キットと工具一式だけの積載です。
時間が限られていますからね(^_^;)

先ずは何時ものルートで…(笑)
IMG_5246.jpg
北へ~
ですけれど混んでいますな。
ノンビリ行きましょう!

本州の人がイメージするホッカイドー!?
道南では八雲から今金辺りで見られますかな。

こんなん?
300°くらいのパノラマです。
IMG_5250.jpg
切り取り抜粋!(笑)
IMG_5249.jpg
道南でも山に残雪ありっす!
IMG_5247.jpg

IMG_5248.jpg

IMG_5252.jpg
そこから海岸線に向かい、綺麗な海と奇岩連なる海岸線を走行、寒かったので全く停車しませんでした(笑)
IMG_5251.jpg
そして、ふと思い出した某所への入口付近の調査へと…(^_^;)
IMG_5256.jpg
ちょっとづつガードが固くなっているような?
IMG_5242.jpg

IMG_5241.jpg
喉が渇いたのでコンビニへ!
マスク忘れたので、ヘルメット被ったまま買物していたら怪訝な表情で見られている。

通報される前にとっとと次の場所へ向かいましたよ(笑)
そろそろ戻る時間ですしね。

明るいうちに帰着しなければ、軽装なんで凍えてしまう…
IMG_5257.jpg
スンバラシイ景色!
似たような画像ばかり、たっくさんアップします(^_^;)
IMG_5260.jpg

IMG_5262.jpg

IMG_5264.jpg

IMG_5267.jpg
で、最後はやっぱり羊蹄山(笑)
雲を被っているのが、ちょこんと観えました~
IMG_5271[1]
そして帰路は、給油とトイレに信号以外停まらずに、大沼湖畔から城岱スカイラインの定番コースで帰着しました!

走行距離は約450kmほど、歳とってオケツの肉が減ってきたからか、三角木馬がくい込んだ~
身体の動きが多い、ワインディングロードや林道ばかりなら良いのでしょうがね。

ちょっと…
いや、未だけっこう痛いっす(笑)
スポンサーサイト



コメント

満身創痍には、キツい三角木馬での距離を走りましたね。
日中は、20度まで気温が上がるようになりましたが、早朝はまだまだ寒いです。

Re: りゅうさん、おはようございます

サスセットがオンロード並みになっているので、動きの少ない国道など幹線路ダラダラ走行はかなりきます。
これでもかってくらいに、スロットルをオンオフ繰り返すような状況では気にならないのですが…
ま、中華装備纏ったヘンなバイクですから仕方がないですね(笑)

スタート時は近所のダートや裏道走行だけのつもりで、上下ジャージにジャケット&プロテクターという、北海道をナメた装備でした(笑)
それこそ海沿いの国道走行時が最も寒かった~!

お疲れ様です

多忙時の休日に450kmは、私出来ませんよ。
布団から出たくなくなります(笑)
でも、出かけないと確かに心が荒みますしね。

金温泉のゲートの画像を見るとフキが最大級に大きくなり、ドンゲももうすぐ全開って感じ。
となると、神威山を超えた辺りからイタドリラリアットの連発で、今時期名物アブのウジのオンパレードが予想されます。
ちなみに6月上旬に偵察に行った時は、北側斜面に残雪があり、TWで通られませんでした。
今年は雪が少ないので大丈夫だと思いますね。

走りだしてから・・・

羊羹の友達は、300キロ 走って、家に来ました!
300でも、ヤルナと思ったんですが、450ですか・・・!(^^)/

走りだしてから・・・

羊羹の友達は、300キロ 走って、家に来ました!
300でも、ヤルナと思ったんですが、450ですか・・・!(^^)/

Re: お疲れ様です

黒ウサギさん、こんにちは!

ほんとそれ!
朝布団から出て起き上がるのが億劫です。
でも走る理由ではなく、なんとか乗らない理由を探すようになったら、もう降りてしまった方が良いような気がするんですよ。
まあ100mも移動すると、何処までも走り続けられそうな気持になるんですけれどね(笑)

イタドリラリアットは厳しいですよね。
たまに、イタドリだと思ったら木の枝だったってときは最悪ですし…

ミズアブって、謎多き昆虫なんですよね。
幼虫が温泉の中でも生きられるってのが凄いところですけれど、いったい何を喰っているのだろう?
他の動植物で生きながらえるのは、苔くらいしか思いつきません。
もしもヒルのように、他動物の体液を吸うとかだったら怖すぎですよ(笑)

今金の農道から観えた狩場山南斜面の雪が、例年よりも少し多く感じられました。
(7・8枚目画像)
なので渓谷?の北側は雪があるかなと…

それもですけれど、泊川の側ではほとんど見ることがありませんでしたけど、千走側の落としものはけっこうな数でした。
まだそんなに時間が経っていないのも有りです。
自分勝手な考えですが、問題を起こすような個体でなければ良いなと…

Re: 走りだしてから・・・

takaさん、こんにちは~

島牧まで行って帰るだけならば350km程度なんでしょうけれど、今金の農道を彼方此方走ったり黒松内のブナ林に突入したりと、寄り道をし過ぎました(笑)
それでも急激に冷え込む夕暮れ前に帰ってこれて良かったです。
そして綺麗な景色のなか走ることができて大満足~!

No title

一番初めの海を見下ろすダートや最後の方のダートの写真見てて、ふと昔の記憶が蘇ってきました!

25歳位の時、新潟からポンコツのフェリーに乗ってロシアに上陸し、ロシアンラリーに参加したんですが、その時走ったルート上、正に今回のような景色がありました!
当時、北海道とロシアの景色って似てるなぁ~ なんて思って走ったもんです。

今回もどれも溜息ものの景色、ちょっと思い付きでこんなルートを走り回れる事に羨ましさを感じます!

最近漠然と考えるんですが、あと10年程仕事頑張って、子供が手を離れたら北海道に移住するってのもありかな~と^^
でもその場合、何をして食っていけばいいのかが想像出来ません・・・(まぁバイトでも何でもいいんですけどね~)

Re: 店長さん、こんばんは

古いスノーモービル仲間が、第一回ロシアンラリーから何度か参加していたようですけど、ウラジオとナホトカでは走行フィールドがかなり違うとか。
皆が想像する極東ロシアのタイガや大平原ってのと、悪魔のような森林に深い渡河やヌタな湿地帯と…
でも、いずれの都市も緯度は島牧から積丹辺りと同様かと思われるので、地形や植生なんかは似ているのかな。
ちなみにその知人は、宿泊の船に戻れなかったこと何度かあったと言っていました。
あぁ、おそロシア(笑)

この画像の高原もバイクで行く人は少ないマイナーな景勝地なのですが、先画像の開けた草原や農道はライダーどころか一般車さえも走るような処ではないのです。
ぼくが何時もよくやる、地形を見て、この道の奥はナニ!?
そんな感じで予備知識も何もなく、テキトーに突入して辿りついた場所でした。
大方ハズレなのですが、たまに当たりがあるんですよ(笑)

店長さんには幅広い車両の整備力に、ラリー参加などの貴重な経験が豊富ですよね!
趣味と実益を兼ねて、レンタサイクル&バイクにツーリングガイドなんてどうですか~
ニセコでペンションやりながら同様のことをされている移住者な御方、アイスサーキット主催の元GPライダーさん、サファリか何かの著名なラリストさんはスノーバイクのレンタル&ガイドをされていますよ。
店長さんの移住された友人さん居住地の近く、川湯温泉にも同様のことをされている施設があります。
現在の北海道には、拠点となりそうな空物件が多数安く売られているので、如何でしょうかね。

No title

ドラゴンアイどころじゃなかったんですね。
今週末、行きますよ。
まぁ 天気が悪かったり混んでたら、スルーしますけど。


https://santex1989.blog.fc2.com/

Re: 燦さん、おはようございます

そうなんですよ~
長時間走るのには、ちょいと厳しい現況でした。

本来ならこの走行日に、鳥海山行ってから岩手県内を巡り八幡平に登ろうと考えていました。
疲れだけではなく、体調不良も続いているので断念です(_ _;)

今期は磐梯吾妻に行けたらよいなと思っているので、その時は連絡させていただきます。
ドラゴンアイ、最高の状態を観られると良いですね!

今日は、暑いくらいの晴天。風も無いし、どこまで走ってるのかな!?

Re: りゅうさん、こんにちは

今日は急に病が再発したニャンコを連れて、動物病院に来ていました。
何れにしても、自身の体調不良も深化しているうえ、バイクも全て整備が必要な状況でした(_ _;)
できれば海を渡りたかったのですが残念です。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Tetsuya

Author:Tetsuya
なかなかヤセられない…

カウンター

検索